通信制高校で自分ペース学習~スクーリングオフ~

教師と学生

受験、どうする志望校

学生

受験に対してのモチベーションがわかない人は、実際に大学のオープンキャンパスに足を運んでみよう。いくつかの大学に行ってみると、キャンパスの雰囲気や学生の様子を比較することもでき、より自分に合った大学を探せる。また、自分が大学生になったイメージが沸きやすく、受験勉強の励みになる。

読んでみよう

進路の選択肢の一つとして

高校生

入学を考えたら

高等学校教育はますます多様化しており、特に通信制高校は学校の数も増加してきました。また、これまでは通学制だけを設けていた高校でも通信制を開設することも多くなりました。通信制高校を選ぶパターンは大きく二つに分かれます。一つ目は「最初から通信制高校を選ぶ(一年生から入学する)」、二つ目は「別の高校から転入・編入する」ということです。最初から通信制を選ぶ場合は、三年間の学費がどのくらいか、スクーリング(通学)の頻度はどのくらいか、自分が興味を持つことができる教科や授業があるかなどについて調べたり、オープンスクールなどの機会において相談するといいでしょう。転入・編入の場合は、それまでに在籍していた学校の期間や単位数、資格や検定などに合格しているとその分を卒業単位に参入されることがあります。有利に卒業できる条件が揃いやすいところを選ぶといいでしょう。

様々な形態とサポート体制

通信制高校にも様々な形態があり、全国どこからでも生徒を受け入れて各地にキャンパスを持つ「広域通信制」や、特定の地域からのみ生徒を受け入れるところなどがあります。また、専修学校の高等課程において通信制を併修させることによって「専修学校卒業」と「高等学校卒業」の両方を目指すこともあります。また、通信制とはいえ全く登校せずに卒業することはできませんが、登校の頻度が年一回程度からほぼ毎日通うことができるところまで様々です。通信制高校の生徒の中には集団で過ごすことが困難な人や、病気や障害などのために頻繁な登校が難しい人、働きながら高卒資格を得たい人など様々な人がいます。学校側もそのようなケースに対して学習を進めやすいようにサポート体制を整えているところも多いです。更に、大学進学や資格取得、就職などにおいても特別なサポート体制を整えていることもあるので、まずは色々と相談してみるといいでしょう。

大学までの教育

女学生

中学受験すると中学高校六年間を、より充実した学生生活を送ることが出来るでしょう。小学校受験と比べて子供も自分の意見を持てる年齢なので、子供が主体的に受験に取り組むことが出来ます。様々な学校があるので子供と一緒に学校を見て、志望校を決定したいものです。

読んでみよう

市内に多数ある

受験合格

名古屋には私立学校が数多くあり、中学受験をする人も多くいます。市内の中心部ほど中学受験をする人が多いために、市内には数多くの入試対策をする塾があります。ただし、利用時には学習内容と志望校があっているかどうかを確認することが大切です。

読んでみよう